NKホール

小型で軽量、施工も簡素化

プレキャストコンクリート製 組立式小型マンホール
(取り扱い地区が限られておりますので、詳細はお問い合わせフォームよりお問い合 わせください。)

高性能ヒューム管のことなら

ヒューム管の製品情報サイト
ヒューム管ナビ トップページ
土被り0から高土被りまで
遠心ボックスカルバート CSB
地震に強いヒューム管
可とう性ヒューム管 CSパイプ
急曲線・大きな推進耐力
曲線工法用推進管 SR推進管
工期短縮・省スペース施工
立坑兼用マンホール MMホール

施工の流れ

底板の設置

(1)底板の設置

ベースは沈下防止のため砕石基礎をランマーなどで平らに転圧を行い、底板を設置します。

(2)管寸法測定

底板据付後、接続管の寸法を測定し、切断を行います。接続管はマンホール芯の137mm手前で切断してください。

管取付壁の設置

(3)管取付壁の設置

底板上の溝にバールを差し込んで、底板中央に移動し、取付管の挿入、管取付壁の位置を決めます。

取付管の固定

(4)取付管の固定

可とう継ぎ手の締結バンドをドライバーなどで締め込み、可とう継ぎ手に取付管を固定します。

部材の組み立て

(5)部材の組み立て

管取付壁壁の上面に各々シール材を塗布し、重ねていきます。斜壁内側の壁にシール材を塗布し、最後に調整リングを重ねます。

埋め戻し

(6)埋め戻し

取付管下部の土砂を十分転圧し、後は上部まで全体を埋め戻します。

鉄蓋固定ボルト取付

(7)鉄蓋固定ボルト取付

調整リング又は斜壁に、固定鉄蓋用のボルトを取り付けます。

鉄蓋を取り付けて完成

(8)鉄蓋枠の取付

鉄蓋枠と調整リング間を無収縮モルタルにて充填し、鉄蓋を取り付けます。


(9)鉄蓋を取り付けて完成