アドホール(ロータス機能)

液状化現象による浮上防止機能が搭載

液状化浮上防止 下水道用 組立マンホール

高性能ヒューム管のことなら

ヒューム管の製品情報サイト
ヒューム管ナビ トップページ
土被り0から高土被りまで
遠心ボックスカルバート CSB
地震に強いヒューム管
可とう性ヒューム管 CSパイプ
急曲線・大きな推進耐力
曲線工法用推進管 SR推進管
工期短縮・省スペース施工
立坑兼用マンホール MMホール

アドホール(ロータス機能)の特長

特長

アドホール(ロータス機能)は地震時のマンホール浮上を防止します。

  • 安定性
    従来、地震の揺れによって、マンホールが地面に浮上し、下水道の破損、寸断に加えて交通渋滞などが懸念されてきました。アドホール(ロータス機能)は、液状化浮上防止システムを取り入れ、地震の際、抜群の安定性能を発揮します。
  • 施工性
    既設マンホールに、浮上防止システムであるロータス機能を設置できます。

液状化浮上防止システム

地震の揺れによって地盤が不安定になると、地下水に過剰な水圧が発生します。
液状化浮上防止システムは、この過剰間隔水圧と呼ばれる水圧を利用し、排水管からマンホール内に地下水を引き込みます。マンホール内にたまった水の重みによって、マンホールを安定させ浮上を防止します。